ごあいさつ

第11回日本在宅薬学会学術大会開催にあたって

第11回日本在宅薬学会学術大会
大会会長 狹間 研至
一般社団法人日本在宅薬学会 理事長

いつも本会の運営にご協力いただき、心より感謝しております。
2018年7月15日(日)、16日(月・祝)の二日間、グランキューブ大阪(大阪府立国際会議場)にて、第11回の学術大会を開催することになりましたので、ご案内を申し上げます。

本会は、2009年11月に一般社団法人在宅療養支援薬局研究会として発足しました。当初は薬剤師向けにバイタルサイン講習会を開催することを主事業としてきましたが、その後、徐々に会員数の増加や病院薬剤師の参画を得て、徐々に業態を拡大。2012年からは一般社団法人日本在宅薬学会と名称を変更し、年1回の学術大会を開催しております。

学術大会では、薬局薬剤師、病院薬剤師、大学薬学部の先生方に加え、厚生労働省や日本医師会からも諸先生をお呼びし、薬剤師のみで考えるのではなく、行政、医療全体から薬剤師や薬局のあり方を在宅医療の分野から考えていこうという取り組みを進めて参りました。3年前からは、日本薬剤師会や各都道府県薬剤師会に加えて、日本医師会、厚生労働省等の後援もいただくようになり、参加者も薬剤師メインではありますが、医師、歯科医師、看護師、介護職など多くの職種の参加を得るようになっております。

神奈川県のパシフィコ横浜で開催いたしました第10回大会では、北海道から沖縄まで、全国各地から1600名を越えるご参加者をいただくとともに、多数のランチョンセミナーやモーニングセミナー、スポンサードシンポジウムなど、多くの企画を盛況の中で開催することができました。また、企業展示ブースでは、在宅医療の分野で頑張ろう!といういわば志高い薬剤師が多数訪問し、実り多い情報交換、交流の場となったようです。

今回の大阪大会におきましても、前年以上の参加者数を目標に、日々活動を広げていっております。引き続き、格別のご高配を賜りますれば幸いに存じます。
どうぞ、よろしくお願いします。

ページトップへ